以前のNews & Diaryサイトはこちらから!!

2008年12月05日

愛猫「りさ」

12/4(木)ライブ当日の朝(8:30)名古屋の母から電話が来た。

泣きながら『りさね....、今朝の4:30に... 息ひきとったよ....

えっ!?

1日の日に様子がおかしいと連絡が入り、病院に連れて行って検査をしてもらっていたの。
でもどこも悪くなくて、もう14年くらい経っているからかなりのお婆ちゃんなのよね。
点滴や注射をしてもらい、ちょっと元気になってたみたいだから安心してたのに...

それが、日付が変わった4日の深夜0:00頃から呼吸が少し荒くなり始めたらしい。
でも本格的に苦しみ出してからは15分くらいで息をひきとったそう。
長く苦しまなかっただけでも本当良かったと思う。


りさは、私が14年くらい前にL.Aから連れて来た子なの。
ソックスを履いたような可愛らしい手足に一目惚れ。

ふらっと立ち寄ったペットショップでりさとは出会ったんだけど、そこには保護された子猫4匹(りさを含め)がケージに入れられていてね。
『飼い主になってあげて下さい』と餌代10ドルだけで里親を探していたの。

その4匹の子猫を見ていたら、奥にいたりさがトコトコっと近寄って来た。
『この子のママになりたい!』瞬間的に思った。

それからの4〜5年は一緒にりさと過ごし、スケジュール的に留守にしがちになって来てしまって、りさが可愛そうだからと母の元へ。
その後10年近く母と仲良く過ごして来たわけです。

私が飼っている時は、人間不信が残っていて他人にはかなり攻撃的な子だったんだけど、母の元に行ってからは精神的に落ち着いたのか、本当におとなしい良い子になりました。


とても手のかからない良い子でした。
とても愛らしい子でした。
お手の出来る賢い子でした。
とてもアイスクリームが好きでした。あられも大好きだった...。

とても... とても... 私達を優しい気持ちにさせてくれる... 本当に良い子でした。猫



今も涙が止まりません。

夕べもライブが成功して嬉しいはずなのに、次から次へと涙が溢れ出し眠れませんでした。
ライブでは絶対泣かないようにしようと頑張りました。



母にとても大切にされ、本当に幸せな猫だったと思います。
昔よくお泊まりに行ったeriんちの愛犬(今は亡き)『ぷにゅ』と天国で又『フーっ』とか言いながらも仲良くしてくれているといいな。。。


りさ、沢山の思い出と優しさをありがとうね。安らかに...

りさ2.jpg

posted by 麻倉あきら at 12:53 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。